論理の本質」を公表します。

拡がりの確証という概念を今まで何度も論じてきましたが、そこでは「論理」という言葉を吟味せず何度も使ってきました。そこで今回、論理の本質を自分なりに把握しようと思って論文を書き始めました。

ところが、アリストテレスから始まり、仏教哲学まで論じることになり、かなりハードな執筆となってしまいました。とにかく、今回あらためて強く感じたのが、アリストテレスの偉大さと、仏教哲学の深さです。

組織の運営において、組織としての意思決定を行うには、正確に状況を把握する必要があり、そのためには、論理が必要不可欠です。今回学んだことを、実際の組織の運営のために、企業の経営者の方々の役に立つよう活かしていきたいと思っています。