個々の人間にとって社会と組織はどのような意味を持つか。和田徹也のホームページです。

論文作成者の自己紹介・作成の目的

  • HOME »
  • 論文作成者の自己紹介・作成の目的

CA390139作成者の自己紹介

皆さんこんにちは。このホームページを立ち上げた和田徹也と申します。現在東京都練馬区に住んでいます。 「拡がる企業 社会保険労務士事務所」で、企業の経営者の方々に対する人事労務管理のコンサルティング、就業規則の作成や労働社会保険の申請等の仕事を行っています。

若い頃から哲学や歴史、社会科学などを勉強してまいりました。大学は法学部出身で法哲学ゼミに所属し、「純粋人間関係論序説」などという論文を書き上げ、自分なりの社会哲学を確立したと勝手に自己満足しておりました。機会があれば後日この場で公表したいと思いますが、この論文は支配の正当性という観点から、人間社会の歴史を捉え直そうとしたもので、社会の根底には、独立した個人から成る純粋人間関係があるというものでした。全く未熟な論文でしたが、意外とその理論は、自分が社会人となって、例えば役所で報告書を作成する際、社会を分析するにあたって、結構役立つものでした。

卒業後は公務員として首都圏の県庁に就職し、本庁の総務事務、県立病院の経理事務に従事しましたが、6年少し勤めて「社会は民間企業が担っている」との信念の下、不動産会社に転職してしまいました。その後、大手マンション業者、大手スーパー、建設関連会社等に勤めて企業社会の厳しさを心底味わってまいりましたが、様々な組織文化での実務経験の中で、自分の社会哲学を検証し、自分独自の哲学理論を地道に構築してまいりました。

年齢も五十代となり、そろそろ自分の構築した考え、独自の理論を体系的に文章として明確にし、世に問うべきではないかと思うようになりました。そこで、今まで書き溜めてきたものを整理し、また、新たに書き下ろして、「社会と組織の哲学」として、少しずつ論文を発表していくことを決意しました。読んでいただいた方の忌憚のないご意見を頂戴したいと思っております。(ブログ

 

作成の目的

このホームページは、個人、組織、社会に関する私自身が書き上げた論文の発表の場を目的として立ち上げました。(論文一覧はこちら

また、現在私は社会保険労務士として、企業の組織や人事労務に関するコンサルティングを行っており、様々な企業の具体的問題に対する実践的な情報提供を行っております。その現場では常に、個人・社会・組織に対する深い理解が求められています。このため、私は現在も常に、現実の問題解決の基礎となる、根本理論の構築を目指しておりまして、その研究の成果としての論文をこのホームページで公表していく予定です。

あとこれは付録ですが、私は若い頃から大自然に憧れ、特に山登りが大好きでした。そこで随所に山の写真を表示しますので、息抜きとしてお楽しみください。(山の写真一覧

PAGETOP
Copyright © 社会と組織の哲学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.